よくある質問

よくある質問一覧へ

自動車税とは?

自動車税とは、毎年4月1日に車の所有者(クレジットで購入の場合は使用者)に対して登録してある住所の都道府県税として課税されるものです。乗用車の場合は総排気量が大きくなるほど税額も高くなります。 また、貨物車の場合は最大積載量が重くなるほど税金も高くなります。(※1 貨客兼用車は総排気量と最大積載量によって課税されます)年度の途中で購入した場合の新規登録(新車またはナンバーが付いていない車の中古新規)及び移転登録(他府県からの転入)・変更登録(他府県からの住所変更)をすると、その翌月から年度末までの金額を納税します。※2 4月1日の時点で1年分納税されている方で年度途中で他府県への転出や抹消登録をすると未経過分はその方に還付されます。ちなみにガソリン車は初度登録から14年目、ディーゼル車は初度登録から12年目より10%増で課税されます。

※1 貨客兼用車とは、荷物を載せるか載せないかで乗車定員や最大積載量などが変化する車のことです。
車検証の内容としては乗車定員や最大積載量などに数字が2通り記載されます。(カッコ付けされます)

※2 18年4月1日より自動車税の月割の仕組みが廃止されました。それにより還付制度そのものが無くなります。(廃車のときのみ還付される)

<軽自動車の場合>
軽自動車税とは、毎年4月1日に車の所有者(クレジットで購入の場合は使用者)に対して登録してある住所の市町村税として課税されるものです。自動車税とは違い、もともと月割の仕組みが無いため年度途中での課税はされません。また還付制度もありません。

動車税・軽自動車税の納税期限はその年の5月31日です。尚、継続車検を受ける時や車を売却する時は納税証明が必要になりますので大切に保管しましょう。

<自動車税月割り税額表>
この表は登録した月の欄をそのまま参照すれば良いように作成してあります。(単位/円)

  参考年税額 4月 5月 6月 7月 8月 9月
6,000cc以上 111,000 101,700 92,500 83,200 74,000 64,700 55,500
4,501~6,000 88,000 80,600 73,300 66,000 58,600 51,300 44,000
4,001~4,500 76,500 70,100 63,700 57,300 51,000 44,600 38,200
3,501~4,000 66,500 60,900 55,400 49,800 44,300 38,700 33,200
3,001~3,500 58,000 53,100 48,300 43,500 38,600 33,800 29,000
2,501~3,000 51,000 46,700 42,500 38,200 34,000 29,700 25,500
2,001~2,500 45,000 41,200 37,500 33,700 30,000 26,200 22,500
1,501~2,000 39,500 36,200 32,900 29,600 26,300 23,000 19,700
1,001~1,500 34,500 31,600 28,700 25,800 23,000 20,100 17,200
1,000以下 29,500 27,000 24,500 22,100 19,600 17,200 14,700
軽乗用車 7,200
軽商用車 4,000
  10月 11月 12月 1月 2月 3月
6,000cc以上 46,200 37,000 27,700 18,500 9,200 0
4,501~6,000 36,600 29,300 22,000 14,600 7,300 0
4,001~4,500 31,800 25,500 19,100 12,700 6,300 0
3,501~4,000 27,700 22,100 16,600 11,000 5,500 0
3,001~3,500 24,100 19,300 14,500 9,600 4,800 0
2,501~3,000 21,200 17,000 12,700 8,500 4,200 0
2,001~2,500 18,700 15,000 11,200 7,500 3,700 0
1,501~2,000 16,400 13,100 9,800 6,500 3,200 0
1,001~1,500 14,300 11,500 8,600 5,700 2,800 0
1,000以下 12,200 9,800 7,300 4,900 2,400 0
軽乗用車
軽商用車

Page Top

自動車重量税とは?

自動車重量税とは、新車と中古車の新規車検や継続車検を取る時課税される税金で乗用車・貨物車・特殊用途車などの用途別に算出方法や税額が違います。(別表参照)この重量税は廃車にした場合のみ未経過分の還付が受けられます。

1t以下 1~
1.5t以下
1.5~
2t以下
2~
2.5t以下
軽自動車
3年 37,800円 56,700円 75,600円 94,500円 13,200円
2年 25,200円 37,800円 50,400円 63,000円 8,800円
1年 12,600円 18,900円 25,200円 31,500円 4,400円

Page Top

自動車取得税ってどんな時にかかるの?

自動車取得税は、車を買って新規登録や移転登録(名義変更)をするときにかかります。税率は取得価格の5%(軽自動車と緑ナンバーの営業車は3%)となっています。取得価格とは実際の売買価格ではなく、車種や年式に応じて決められた標準価格(課税標準額)のことです。新車でも実際の価格の90%を課税標準額としています。また、取得価格の50万円以下の車は免税となっています。名義変更するときの課税標準額は、経過の年数によってだんだん税率が低くなる「残価率」を新車時の課税標準額にかけるので、実際の売買の価格よりもかなり低い額になります。

自家用乗用車 取得価格の5%
営業用自動車 取得価格の3%
軽自動車
免税基準 取得価格50万円以下

Page Top

Page Top